購入まで | 20代でロレックスを購入するまでのブログ

 

僕が考える二十代男性に合うロレックスモデル4選

  • 投稿者 : 20men
  • 2015年9月26日 7:20 PM

ロレックスとひとくちにいっても色々なモデルがあります。ブレスの素材などによっても雰囲気が全然異なります。

そこで僕が選ぶ二十代男性に似合うロレックスということで独断と偏見でチョイスしてみたいと思います!

異論は認めますw

1. シードゥエラー4000

販売価格 約99万円
ロレックスが誇るダイバーズウォッチのひとつです。名前の由来は1220m)4000フィー)防水だからだそうです。

値段的には二十代で買える人はいないと思いますがデザイン的には若者のほうが似合うんじゃやいかなーと思っています。

40mm径の大きなケースは迫力があって男らしさを象徴していますし、ダイバーズウォッチとしての耐久性も兼ね備えています。

スーツのブラックとベゼルのブラックもマッチするんじゃないかなと妄想します。ま、実際は手首に100万の時計を巻くだけで緊張しそうですが…

2. エクスプローラーⅡ

販売価格 約77万円

元祖冒険ウォッチとして長い歴史をもつEXⅡは、営業という世界を冒険する男にふさわしい時計ではないかなと思っています。どんな悪条件でも負けずに動き続けるタフさは見習いたいものです(笑)

この時計の歴史は1953年に遡ります。初代モデルのエクスプローラーⅠ Ref.6150が誕生してからモデルチェンジを繰り返し、メタリックなベゼルをもつかっこいいエクスプローラーⅡへ生まれ変わりました。

黒い文字盤とメタリックなベゼル・ベルトは男らしいゴツゴツしたかっこよさがあって個人的に好きです。

3. GMTマスターⅡ

販売価格 約80万円

名前の通りGMT機能を搭載していて世界の時刻・海外との時差を知ることができます。もともとは国際線に乗るパイロットのための時計だったようです。

個人的な海外旅行はまだしも仕事においてこの機能を使うことはないでしょうが、けっこうおもしろい機能なのでお客さんとの会話のとっかかりに使えそうな気はしています。

黒いベゼルに白い大きな数字が刻まれています。見た目はシンプルな時計ですね。

4. ミルガウス

販売価格 約78万円

この時計のおもしろいところは耐磁性にすぐれているところ。パソコンとかスマホとかに囲まれている今の若者にはもってこいなのかもしれません。

シルバーのボディに鮮やかな色の文字盤がかっこいいのが特徴です。個人的にはミルガウスがロレックスの中で一番好きなデザインです。